ホーム > 出来事 > 四六時中

四六時中

「スプレッド」とはFXは通貨ペアを取引して差益を生み出す商取引です。

 

トレードの価格は、二十四時間上下しています。

 

これがマーケットです。

 

テレビのニュースをみていると、ドルやユーロのレートの話題が流れることがあります。

 

見かけるのが、「ただいまのドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

つまり、FXには買いと売りの両方の値段が存在します。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示している取引業者も存在しています。

 

一般的に買値よりも売値のほうが安くなるものです。

 

あなたが買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

 

その差をスプレッドといい、FX業者の収益のひとつとされています。

 

スプレッドの狭さは業者によって違います。

 

スプレッドの狭さは利用者にとって支出となるので、狭い取引業者をセレクトしたほうが有利です。

 

ただ、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの広さは変化します。

 

もしもドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの幅であるとしても為替相場の変動がとても大きい場面では3銭、4銭になったりする場面があります。

 

ですから、スプレッドが低いのと同じく、変化しないということが不可欠です。

 

この頃では変化しないスプレッドの広さを表示するFX会社も数多く存在します。

 

実際にFX業者の取引画面の中で本当のレートを確認しなければわからないので面倒くさいですが、肝心な事です。

 

貴重な財産を投じて注文をするのだから本物のトレードの前に興味を持ったFX取引会社の新しい口座開設をして提示されているスプレッドの幅を点検しましょう。

 

同じペアでも、その瞬間のボラティリティによって、通貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

おおむね、銀行間取引で取引高が多い外貨ではスプレッドの幅が狭くあとのペアではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。

 


関連記事

  1. JALグローバルクラブカード(DC/VISA)

    通常は200円の利用につき1マイルたまる。 利用明細は郵送される。 毎年JAL初...

  2. 四六時中

    「スプレッド」とはFXは通貨ペアを取引して差益を生み出す商取引です。 &nbsp...

  3. ルールはルール

    民事再生による解決は住宅ローンがある複数ある債務に困っている利用者を対象に、住居...